糖尿病

糖尿病にマカが効果的?

様々な健康効果があると言われているマカですが、糖尿病には効果があるのでしょうか。

そもそも糖尿病がどういった病気かというと、生まれつきや生活習慣などによりインスリンがうまく働かず糖を十分に分解できずに起こります。
血糖値が基準となり、通常よりも高めの境界型を含むとかなりの数の糖尿病患者がいると言われています。

マカが糖尿病に効果があると言われているのは、含まれている成分に血糖値を下げる働きがあるからです。
マカには亜鉛が豊富に含まれていることが知られていますが、亜鉛とインスリンの働きに深い関わりがあることがわかっています。
亜鉛が不足しているとインスリンが代謝されやすくなり濃度が下がってしまうので、結果的に糖尿病リスクが上がります。
そのため十分な量の亜鉛を摂取することで糖尿病の予防や改善に効果があると考えられています。
また、マカに含まれているビタミンB群には余分な糖を代謝しやすくする働きがあります。
そのため血糖値も下がりやすくなり、高血糖を防げます。

すでに病院で糖尿病の薬を処方されている場合、さらにマカを摂取することで血糖値が下がりすぎてしまうことがあります。
低血糖は危険ですので、薬を服用している場合は必ずお医者さんに相談してください。